IT用語/クラウドサービス

クラウドってな~に?(2016-12-02)


なんで、世間ではクラウド*1サービスが流行っているのか、
私なりの翻訳を試みてみます。

とりあえず、今回はWebメールを例に。


では、はじめまーす。左と右が、ほぼ同じ意味だと思ってください。

テレビとDVDプレイヤーの関係を思い浮かべてください。

パソコンとWebメール(クラウド)の関係を思い浮かべてください。

あなたの手元にはテレビとリモコンしかありません。
あなたのDVDは、
長~いケーブルで、
遠くの人が管理しています。
あなたの手元にはパソコン(の中のWebブラウザ)しかありません。
あなたのメールは、
インターネット接続で、
遠くの人が管理しています。
リモコンの再生ボタンを押せばDVDを再生できます。
テレビには、再生した映画が映りますが、
映像が飛んできているだけです。
いま見ている映画の本体(DVD)自体は、
DVDプレイヤーに入っています。
Webブラウザ上でダブルクリックすればメールが読めます。
Webブラウザには、メールが映りますが、
映像が飛んできているだけです。
いま見ているメールの本体自体は、
Webメールサーバに入っています。
ある日、あなたに一枚のDVDが届きますが、
これがとんでもないDVDで、
再生したら自動発火して機械を壊してしまいます。
「なお、このディスクは自動的に消滅する*2
ある日、あなたに一通のメールが届きますが、
これがとんでもないメールで、
開いたらウィルスに感染して機械を壊してしまいます。
「なお、このハードディスクは自動的に消滅する*3
DVDプレイヤーは壊れてしまいました。
でも、あなたの家のテレビは無事です。
めでたしめでたし。
Webメールサーバは壊れてしまいました。
でも、あなたの家のパソコンは無事です。
めでたしめでたし。

・・・あまりめでたくないので、もう少し話を続けます。
「自動的に消滅する」前に、話を戻して、

DVDプレイヤーを管理している人が言いました。
「我々のDVDプレイヤーは高性能だし、
DVDを入れたり出したりする時も入念なチェックを行っているから
安心です」
Webメール(≒クラウド)を管理している人が言いました。
「我々のWebメールサーバは高性能だし、
メールを送受信する時も入念なウィルスチェックを行っているから
安心です」
「え、DVDを編集したいんですか?
それでは、DVDプレイヤーで
編集機能も提供しますので、
お手元のリモコンで操作してください。
操作画面は全て、テレビに表示されますので」
「え、メールを作成したり添付ファイルを編集したりしたいんですか?
それでは、Webメールサーバ内で、
WordやExcelの機能も提供しますので、
お手元のWebブラウザ上で操作してください。
操作画面は全て、Webブラウザ上に表示されますので」
「もしDVDプレイヤーが古くなって壊れても、
こちらですぐに修理しますので、
そこは気にせず、テレビ画面でご覧ください」
「もしメールサーバやWordやExcelに脆弱性が見つかっても、
こちらですぐにバージョンアップしますので、
そこは気にせず、Webブラウザでご覧ください」
「さらに言えば!
DVDプレイヤーは、我々の頑丈な建物で
屈強な漢たちが守って(?)おりますので、
あなたの大切なDVDが
盗まれたり壊されたりすることはありませんし、
あなたの全てのDVDは即座に複製しつつ、
東京と京都の2か所にあるDVDプレイヤーから再生できますので、
火事や地震が起こってもすぐに復旧できます」
「さらに言えば!
メールは、我々の頑丈なデータセンターで
屈強な漢たちが守って(?)おりますので、
あなたの大切なデータが
盗まれたり壊されたりすることはありませんし、
あなたの全データはリアルタイムで同期しつつ、
東京と京都の2か所にあるデータセンターから操作できますので、
火事や地震が起こってもすぐに復旧できます」

今度こそ、めでたしめでたし、でしょうか?



  • つまり、クラウドを利用した方が
    安全だの低コストだの言っているのは、
    あなたは DVDプレイヤー・Webメールサーバのレンタル料さえ払えば、
    業者の人達が遠隔のDVDプレイヤー・Webメールを管理してくれていて、
    その安全性の維持や、日々の運用全般を遠隔でやってくれるからなのです。

    そして、増減設が比較的かんたんな場合が多いです(≒「スケーラビリティが高い」)。
    より高いレンタル料を払って、高性能なDVDプレイヤー・Webメールに変えるのも即座にできて、
    機能を制限してレンタル料を安くする、あるいは利用を停止するのも即座にできます、
    ・・・と謳っている業者が多いですね。

ちなみに「雲(cloud(クラウド))サービス」と言ってるのは、
前述のDVDプレイヤー・Webメールサーバが雲の上の存在のように、
どこにあるか知らない(知る必要がない)からです。
どこにあろうが、あなたには DVDの映像 さえ届けば良い事なので。
いや、知る必要がある場合もあるんですけど・・・ややこしいな。
(例えば海外の場合です。理由は後述)。

  • また、それでも、コストをかけてでも、
    それらを超えるセキュリティ、機密性、あるいは特別な事情などを求める場合は、
    自社で(on-premises(オンプレミス) で)運用することになります。
    大企業や重要な機関は自前のデータセンターを用意することが、
    多いのではないでしょうか。
  • しかし、上記はクラウドに対して好意的に書いていますが、
    本当にちゃんと管理しているかは、各業者次第なので、十分にご注意 を。
    費用と質のバランス、契約内容は業者ごとに違うのは当然の事ですよね。
  • あと、あえて1つだけ注意点を上げると、
    データセンターが海外にある場合は、その国の法律が適用されます。
    新しい大統領が
    「我が国の防衛のために、全てのデータを盗聴する」と宣言すれば、
    あなたのデータも盗聴されます。
    (・・・まぁ、これは国内でも同じ事、か・・・?)

・・・そうそう。
皆さんは、データセンターって、行ったことありますか?
たまに、それ系の映画やアニメには出てきますが、
真っ白で広ーいフロアの一面に、整然とコンピューターが何十~何百台も並んでる、あれ。
マシンが熱暴走しないように室内は常に一定温度で、ICカードとかで厳重に入退室管理やっている、あれ*4


少しそれますが、
シンクライアント(Thin Client:薄い端末)というのも、これに近い理屈ですね。
手元で再生した画面を移すだけ、本体の管理はすべて遠隔でやる、と。
言い換えると、手元にDVD・メール等のデータがあるから、壊されたり盗まれたりするんだ、
それならば映像だけ遠くから再生するようにして、手元には何も残らないようにすればいい、と。


大雑把な説明ですが、
雰囲気は伝わったんじゃないかな?と思っています。
そして利用するかどうかは、例によって自己責任で*5


*1 蔵人でも、FF7でも、ない
*2 スパイ大作戦より
*3 ウィルス全般より
*4 室内は夏でも冬でも寒くて、自由に出入りすらできない、機械にとっては天国、エンジニアにとっては監獄の、あれ。・・・過去、ハズレくじが多かったせいか、思い出すと寒気がする、あれ。
*5 「例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ或いはころされても、当局は一切関知しないからそのつもりで。成功を祈る!*6
*6 ・・・て、単にこれが書きたかっただけです。毎日が Mission Impossible。

  最終更新のRSS