IT用語/EVM

EVM(Earned Value Management) (2014-09-06)


直訳すると、出来高管理? EVT(Earned Value Technique。アーンドバリュー法)とも言う。
コストとスケジュールの観点からプロジェクトの状況を分析する。



PV(Planned Value) *1

開始当初にもともと計画されていた、作業に割りつけた予算

AC(Actual Cost)

現時点までに、実際に使っちゃった予算

EV(Earned Value)

現時点までに、進捗した作業を評価した場合の値。見なし価値、出来高。

つまり?

  • EV-AC(=コスト差異:Cost Variance)
    がマイナス値ならば、出来高以上にお金を使っちゃっているのでコストオーバー。

  • EV-PV(=スケジュール差異:Schedule Variance)
    がマイナス値ならば、計画よりも出来高が足りておらず成果が上がっていないので、進捗遅れ。

  • EV÷PV(=スケジュール効率:Schedule Performance Index)
    が1以下ならば、当初計画よりも出来高が少ないので、効率が計画よりも悪い。

    あれ?
    書いてて思ったんですが、スケジュール差異(SV)スケジュール効率(SPI)の違いって何だ?
    実測値かパーセントか見せ方は変わるけど、どっちも計画と出来高を比較しているんだよな??

なお、

コストとスケジュールの関係をグラフ化すると(PV、EV、ACの線を引くと)通常はS字カーブになります。
序盤は緩やか、中盤で予算を使い出して、やがて収束するというイメージです。

GRAPH_EVM.gif

*1 余談ですが。PMBOK用語ではPVは将来価値(future value)に対する現在価値(Present Value)という略語もあります。・・・何でもかんでも略すのはやめておきましょう。

  最終更新のRSS